英語留学でのホームステイ体験記@イギリス

15歳の春、中学校卒業式の翌日、イギリスへとホームステイに旅立ちました。

海外経験はなく、それが初の外国。

学校のカリキュラムの一環だったため、同級生や先輩、先生方がいたので寂しくはありませんでした。

3週間の滞在時間、現地のインターナショナルスクールへ通いながらホームステイ先でホストファミリーと過ごします。

私の場合、共働きの家族で、幼稚園の男の子と小学生の女の子、高校生の女の子がいる家庭でした。

基本的に、高校生の子は、家にいることが少なく、殆ど顔を合わせなかったのですが、下の2人の子供達とはよく遊びました。

困ったことは、共働きの両親だったので、よく留守番をさせられたこと。

見知らぬ土地で1人で家にいるのは不安でした。

また、お別れの日も、みんな見送りにホストファミリーが来ているのに、ウチだけ、仕事で行けないと近くのホストファミリーに預けられ、周がハグして涙でサヨナラを言っているなか、私だけぽつーんと見ている感じで、かなり辛かったのを覚えています。

もともと、日本での私の家族が、専業主婦の母に、祖父と祖母と同居の家で育ったので、家で留守番をさせられたことなど無かったので、特に孤独感を感じたんだと思います。

当時まだ15歳でしたから、語学力も乏しく、寂しかったことやもっと色々話したかったことなどを正直に伝えることが出来ませんでした。

それが一番悔しくて、帰国後はめちゃめちゃ勉強しました。

英会話教室にも通いました。

その数年後、短大のときに再度ホームステイしたときは、辛かった&悔しかった経験を活かし、なるべくホストファミリーと会話するよう心掛けました。

そのおかげで、英語が好きになったし、外国の文化などにも興味が湧きまし。

2回目のホームステイでは、友達も出来、数年後に再度訪れた程です。

色々なホストファミリーがいるので、当たり外れや、合う合わないがあるとは思いますが、苦い経験もまたいい思い出だと思います。

今考えると、莫大な金額を親に出してもらい、素晴らしい経験をさせてもらいました。

ホームシックにはなりませんでしたが、日本食は恋しくなりますね。

機会があれば、興味があれば、是非とも経験して欲しいと思います。ホストファミリーの経験とはまた違いますが、おすすめのセブ島留学ならセブ留学メディアの情報を参考にしてください

英語上達の秘訣
工務店向け集客ノウハウ
女性の人生
JALカード
心の童話
初値予想
オーディオ
童話
占い 電話
ショッピングカート
ホームステイ体験記

コメントを残す